カレーをありがとうキャンペーン
カレーをありがとうキャンペーン
カレーをありがとう
カレーをありがとう
日本では、毎日たくさんの人がカレーを食べています。(なんと年間60億食!)だけど、こんなにカレーを食べているのに、カレーを生んだインドのみなさんに、今までお礼を言ったことがありませんでした。今年は日印友好流年、そして新宿中村屋が日本で初めてのインドカレー「純印度式カリー」を発売して90周年。この節目の年に、あらためてお礼を言いたいと思います。インドのみなさん、こんなにおいしいお料理を教えていただき、ありがとうございます(ダンニャバード)。これからもおいしくいただきます。
日本では、毎日たくさんの人がカレーを食べています。(なんと年間60億食!)だけど、こんなにカレーを食べているのに、カレーを生んだインドのみなさんに、今までお礼を言ったことがありませんでした。今年は日印友好流年、そして新宿中村屋が日本で初めてのインドカレー「純印度式カリー」を発売して90周年。この節目の年に、あらためてお礼を言いたいと思います。インドのみなさん、こんなにおいしいお料理を教えていただき、ありがとうございます(ダンニャバード)。これからもおいしくいただきます。
カレーを愛するみなさんの#カレーダンニャバード ※「ダンニャバード」とはヒンディー語で「ありがとう」の意味です。 カレーを愛するみなさんの#カレーダンニャバード ※「ダンニャバード」とはヒンディー語で「ありがとう」の意味です。
        新宿中村屋「純印度式カリー」発売90周年 新宿中村屋「純印度式カリー」発売90周年
        いまから90年前、昭和2(1927)年6月12日に新宿中村屋の純印度式カリーが誕生しました。それまで日本で広まっていたカレーは、イギリスから伝わった小麦粉を使用したものでしたが、中村屋のカリーはスパイスをふんだんに使用した本場のインドのカリーでした。創業者 相馬愛蔵・黒光夫妻は、日本に亡命したインド独立運動の志士 ラス・ビハリ・ボースを匿い、ボースは後に夫妻の長女 俊子と結婚します。そして中村屋と交流を深めたボースは、「本場のカリーを紹介したい」と日本で初めてのインドカリーを発売したのです。詳しい歴史はコチラ→ いまから90年前、昭和2(1927)年6月12日に新宿中村屋の純印度式カリーが誕生しました。それまで日本で広まっていたカレーは、イギリスから伝わった小麦粉を使用したものでしたが、中村屋のカリーはスパイスをふんだんに使用した本場のインドのカリーでした。創業者 相馬愛蔵・黒光夫妻は、日本に亡命したインド独立運動の志士 ラス・ビハリ・ボースを匿い、ボースは後に夫妻の長女 俊子と結婚します。そして中村屋と交流を深めたボースは、「本場のカリーを紹介したい」と日本で初めてのインドカリーを発売したのです。詳しい歴史はコチラ→
        インド・デリーでのありがとう広告の様子 / 'Thank You' signboard in Delhi, India. インド・デリーでのありがとう広告の様子 / 'Thank You' signboard in Delhi, India. 本キャンペーンは、「日印友好交流年記念事業」として日本外務省より許可された取り組みとなります。キャンペーン中の売上の一部は、公益財団法人日印協会を通じて寄付し、両国の理解を深めていくためのイベントの開催などに活用されます。 本キャンペーンは、「日印友好交流年記念事業」として日本外務省より許可された取り組みとなります。キャンペーン中の売上の一部は、公益財団法人日印協会を通じて寄付し、両国の理解を深めていくためのイベントの開催などに活用されます。
        「純印度式カリー」発売90周年キャンペーン こだわり調理家電「バルミューダ」が当たる!
        純印度式カリーが食べられる店はこちら 新宿中村屋
        新宿中村屋オンラインショップ
        「純印度式カリー」発売90周年キャンペーン こだわり調理家電「バルミューダ」が当たる!
        純印度式カリーが食べられる店はこちら 新宿中村屋
        新宿中村屋オンラインショップ
        新宿中村屋印度カリー ビーフスパイシー 新宿中村屋印度カリー スパイシーチキン 新宿中村屋印度カリー ベジタブル